片貝まつり花火大会2014 観覧席・穴場・駐車場・アクセス方法など紹介します

商品名片貝まつり花火大会2014 観覧席・穴場・駐車場・アクセス方法など紹介します商品カテゴリ
商品説明

ご存知かと思いますが、
世界一の大きさを誇る4尺玉があるのが
この片貝花火です!

 

本当にデカイです。

 

4尺の玉が空に登っていく時間が、
とても長く感じます。

 

とりあえず動画を見てみてください。

間近で見ると目で見える範囲では納まらない
くらいの範囲に広がります。

 

・ってなくらいに、興奮してしてしまうのが
4尺玉なんですが、穴場の場所や駐車場など

 

色々と説明しつつ片貝花火を紹介していこうと思います。

 

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

※片貝まつり花火大会日程

・開催日:毎年9月9日と9月10日の2日間

・時間:19:30~22:20

・打ち上げ場所:片貝町浅原神社裏手

・打上数:15000発(2日間)

[/colored_box]

 

[icon image=”check-b-r”]
正式名称:片貝まつり・浅原神社・秋季例大祭奉納大煙火

 

[icon image=”point-b-bk”]片貝まつりについてちょっと!

片貝まつり花火大会は

・400年もの長い歴史があります。

・4尺玉はギネス登録済み、大きさは世界一

・片貝が3尺玉発祥の地

 

[illust illst=”check-w1-l” align=”center” width=”110″]

片貝花火は地元の『浅原神社』
奉納するための花火なんです。

 

街の住民や学校などが個人でお金を出し合い
花火を制作するスポンサーになるという大会です。

 

※コンセプトは様々

・結婚
・出産
・銀寿や米寿
・成人

それぞれに合ったコンセプトを花火の
テーマにして、アナウンスされます。

アナウンスのおばちゃんの声も
片貝花火の醍醐味の一つです。

一般人の方でも花火を作れるみたいですので、
興味のある方は記念に一ついいかもしれませんね!

 

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

※片貝花火のおもしろさはそれだけじゃありません。

昼には

奉納花火を山車に乗せて神社まで運ぶ

『玉送り』があります。

 

そして打ち上げ成功を祈る

『筒引き』も行われます。

 

祭りの日の片貝の町は賑やかです。

 

いろんな映画の題材になっているので
すごく有名な花火なんですよね(・o・)

 

NHK連続テレビ小説『こころ』や
『おにいちゃんのハナビ』

 

他にもあったような気がします。

[/colored_box]

 

hanabi1

[icon image=”finger1-r”]

片貝花火といえば4尺玉

直径:120cm
重さ:420kg

筒の高さ:520cm
筒の厚さ:1.8cm

打ち上げ高度:800m
花火の直径:800m

※4尺玉は両日とも
PM10:00に打ち上げ

ものすごい高さまで打ち上げるので、
発射から爆発までかなりの時間がかかります。

ひゅるるるる~

っと火の尾が見えて、
どこまで上がるの(・o・)?
って少し不安になるくらいです。

 

 

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

※観覧席情報

有料席

桟敷席(予約):1マス3万円(8人)
(2日間通し)

当日券

神社境内:1人3千円:売り切れ次第終了

 

お問い合わせ:
TEL 0258-84-3900
TEL 0258-84-7880

※有料席は浅原神社境内

[/colored_box]

 

※アクセス

・新潟県小千谷市片貝町8643(小千谷私立片貝小学校)

を目指してきてもいいと思います。

 

[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]

※駐車場

『片貝地内無料3ヶ所』

片貝バイパス片側:700台
市道水沢~八島線:60台
片貝スポーツセンター:50台

『片貝地内有料7ヶ所』:390台

 

少し離れたところに停めてシャトルバスのご利用

イオン小千谷店:300台
小千谷市総合体育館:300台
小千谷市白山球場:400台
第一測範製作所(17:00以降:200台
造成地:100台

[/deco_bg]

 

無料の道路に停めて打ち上げ場所付近まで
歩いて行く人が多いですね。

 

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

[icon image=”finger1-r”]
穴場の紹介

・片貝小学校周辺

片貝小学校も無料で入れます。
その周辺でも、企業の駐車場や、道路などで
普通に見ることができます。

小学校から少し上に登ると浅原神社が見えてきます。
そこで見てる人も多いです。

 

・農道

浅原神社に到着するまでに、ずっと農道を走ります。
そのあぜ道に車を停めて観覧している人も多いです。

 

・浅原神社の裏側の山

ここは本当の穴場という感じです。

地図で見ると南越路スマートを降りて
徳山稲荷大社を目指します。

そこから車で山に登って行くと、
農道が出てきます。

そこでも多くの人が観覧しています。

街灯とかが少ないので、とても綺麗に見えます。

露店とかはないので、本当に花火だけを
楽しみたい人にはオススメです。

[/colored_box]

 

1718

※片貝小学校の周りには露店がたくさんあります。

祭りの雰囲気を味わいたい人は、小学校側がいいです。

 

※バイクで行く人は、小学校のところまで行けますし、
路肩に停めておいてもOKです!

 

世界一の花火は見ておいても損はないですよ^^

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です