梅雨も災害です!役立つ防災グッズ・非常食!ランキング含めた便利品まとめ

商品名梅雨も災害です!役立つ防災グッズ・非常食!ランキング含めた便利品まとめ商品カテゴリ,
商品説明

 

5月から7月にかけて梅雨の時期です。

梅雨は春の終わりと夏が始まることを意味しています。

暖かくなってくるので、人の心も不思議な安心感に
包まれてきますが、梅雨を甘く見てはいけませんね
6bd27231a39c3a939159889c47ae35e3_s

九州の人や、本州の南の方の人は生きた心地が
しない人もいるかもしれません。

毎年時期になると凄まじい豪雨が濁流になって家を
押し流していくというニュースが流れます。

ひとごとのように見ているだけではなくて
自分自身にもいつ降り掛かってくるかわからない事として
事前に、防災の準備をしておかなければいけません。

 

[colored_box color=”green” corner=”r”]なぜ梅雨の時期は大雨が降るの?[/colored_box]

梅雨と言うのは東アジアだけにおこる現象です。

日本人は梅雨と聞くとジメジメした、いや~な感じを
思い浮かべますね(~_~;)

肌はベタベタするし、クローゼットの中はカビ臭い。
何一つとしていいことなんかありません。

 

しかしそんな梅雨でも外へ出て、あじさいなどを見ると
少しばかり、日本の風流を感じることができますね。

877cb61bb5a0a9e75fdecf1b7b8385bf_s

 

しかしはっきり言って風流よりも嫌気のほうが強い。
それが梅雨です。

 

[icon image=”check-b-r”]なぜあそこまで凄まじい雨が降るのか?

それはその時期になると「4つ」の大きな気団が
日本周辺に集まってきて、ぶつかり合って停滞するんです。

fig_jmap0

この4つの気団です(~_~;)

 

[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]
[icon image=”check2-r”]オホーツク海気団

北のロシアの方からくる冷たいくせに湿っているのが
オホーツク海気団です。
[/deco_bg]
[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]
[icon image=”check2-r”]小笠原気団

本州の南東の太平洋から北上してくる暖かくて
湿った気団が小笠原気団です。

北のオホーツク海気団とぶつかって脅威を生むと
考えている人もいるようですが、そうではありません。

オホーツクと小笠原気団は停滞前線を作るのに
一役買っているようです。
[/deco_bg]

[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]
[icon image=”check2-r”]熱帯(南西)モンスーン気団

南西の東南アジアや南シナ海から北上してくる
湿度がバカ高く、温かい気団が熱帯モンスーン気団です。

海の蒸気をしっかり日本に運んでくるやつです。

聞いただけでも梅雨の主役だなぁというのはわかりますね。
[/deco_bg]

[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]
[icon image=”check2-r”]揚子江気団

中国方面からくる温かいけど乾燥した気団です。
[/deco_bg]

気団同士がぶつかると停滞前線ができます。
北と南の気団がぶつかると梅雨前線ができます。

その梅雨前線がゆっくり5月から7月くらまで時間を
かけて北上して日本からいなくなります。

[illust_bubble subhead=”なぜ九州のほうがゲリラ豪雨が多いの?” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]
九州は集中豪雨やゲリラ豪雨が
特に多い地域ですね!

アレは本州から南下した湿った空気と

高温多湿な熱帯モンスーンと

乾燥した揚子江気団がぶつかって

積乱雲ができやすい状況になる
ということです。

でかい雨雲を作り出す条件が
揃った場所ということです。[/illust_bubble]

fig_jmap01

[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

[colored_box color=”green” corner=”r”]防災の準備はできていますか?[/colored_box]

東日本大震災から数年経ちました。

あの被災の規模が大きすぎたこともあり、地震への
備えというものに気が向いた人も多くなりました。

しかし災害というのは地震だけではありませんね。

[icon image=”check2-r”]水害
[icon image=”check2-r”]竜巻
[icon image=”check2-r”]豪雪
[icon image=”check2-r”]火災

 

など様々です。

特に最近はいろんな地域で経験がなかった
災害が多発しています。

それはほとんど異常気象みたいな感覚です。

 

天気が不安定な時期になると、日本ではあまり
見たことがなかった「竜巻」が発生することが
多くなりました。

 

北日本の積雪が減って、関東に大雪が降る
というのも不思議です。

 

もうどこで何が起こるかわかりません。

 

そのためにも災害用に防災グッズを常備しておきましょう!

 

そこで防災に役立つアイテムをまとめてみました。

 

色んなランキングを見ましたがありきたりのモノ
ばかりでしたので、それらも含めて必要なアイテム表を
作りましたので参考にしてみてください。
[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

[deco_bg image=”postit1″ width=”300″]

《非常食》

[icon image=”check2-r”]水
[icon image=”check2-r”]即席みそ汁
[icon image=”check2-r”]即席ラーメン
[icon image=”check2-r”]カンパン
[icon image=”check2-r”]ビスケット
[icon image=”check2-r”]パン
[icon image=”check2-r”]アメ・氷砂糖
[icon image=”check2-r”]チョコレート
[icon image=”check2-r”]塩
[icon image=”check2-r”]一味唐辛子
[icon image=”check2-r”]缶詰

[/deco_bg]

 

上記の非常食は市販で買うよりも通販とかで長持ちする
セットを買ったほうがいいですね。

即席の味噌汁やラーメンは本当に役に立ちます。

ラーメンなどのスープはカロリーもあるし、邪魔になりません。

以前知り合いがインドへ旅行へ行って、食中毒になり
どうしようもない時に、日本人のツアー客に即席みそ汁を
貰って飲んで助かったという話を聞きました。

[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

もしかしてあなたは一味唐辛子をみて不思議に
思ったかもしれません。

しかし一味唐辛子には物凄い作用があります。

食べ物につけて食べれば暖かくなるのはもちろんです。

あと、体に塗るということで冷たい部分を温めてくれます。

昔、戦国時代に兵士たちは冬の合戦時には練り唐辛子を
つま先や指先に塗っていたという話もあります。

[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

[deco_bg image=”postit1″ width=”400″]

《防災グッズ》

[icon image=”check2-r”]手巻き式携帯充電器
[icon image=”check2-r”]ソーラー携帯充電器
[icon image=”check2-r”]カッター・ナイフ・ハサミ・のこぎり
[icon image=”check2-r”]ヘルメット
[icon image=”check2-r”]簡易寝袋
[icon image=”check2-r”]マッチ・ライター
[icon image=”check2-r”]ビニール袋
[icon image=”check2-r”]アルミホイル
[icon image=”check2-r”]防寒具・雨具
[icon image=”check2-r”]ライト
[icon image=”check2-r”]救急セット
[icon image=”check2-r”]笛
[icon image=”check2-r”]軍手・革手
[icon image=”check2-r”]マスク
[icon image=”check2-r”]歯ブラシ・歯磨き
[icon image=”check2-r”]ウェットティッシュ
[icon image=”check2-r”]カイロ
[icon image=”check2-r”]ロープ
[icon image=”check2-r”]タオル
[icon image=”check2-r”]コップ・皿・容器
[icon image=”check2-r”]綿棒・耳かき・爪切り
[icon image=”check2-r”]ペン・紙

[/deco_bg]

 

カッターやのこぎりなどはサバイバルには欠かせません。

 

いざ寒い時などは木を切って燃やせるようにライターや
マッチなど幾つも持っていたほうがいいです。

 

特に大事なのはです。

助けが来ても声が出せない時に、大きく遠くまで
音を飛ばせるのは笛です。

 

ビニール袋などもたたんでいっぱい持っておくと便利です。

[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

[icon image=”check-b-r”]ビニール袋で生き延びた

私がまだ若かった頃の話です。

冬に半袖だけで鉄筋コンクリートの建物の中で
過ごさないといけないことがありました。

その時あまりにも寒かったので、でかいゴミ袋に
頭の穴だけ開けて着たらものすごく暖かかったです。

そして小さい袋には空気を入れて、お腹に入れました。

まるでダウンを着ているかのように幸せでした。

あれで3日間生き延びました。

[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

今や防災グッズは売れ筋商品の一つでもあります。

セット物を買って用意しておくのもいいですよね。
他にも自分で用意できるものはしておいたほうがいいです。

関東直下型地震も数年以内に来るという噂もあります。

日本は外国みたいにシェルターがある家は殆どありません。

72時間という区切りが生存率の境目だといいます。

3日間です!

防災グッズの備えがアレば72時間生きれる可能性が
かなり強くなると思います。

私は車に大抵のものは積んであります。
しかし車まで辿りつけなかったら何の意味も無いですね^^;

なるべく自分に近いところに防災グッズを
備えておくことと、逃げ道のルートを確認
しておくことが大事ですね。

なんだかんだの生命線でもある携帯電話と簡易充電器
必ず持って出れる用意をしておいてくださいね^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です